×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BOY 0419 セミ・フルオート8連発(2001年製)

旧日本軍の正式拳銃、南部14年式を忠実に再現したBOY 0419。


アルミの棚材と真鍮板を巧みに使って軽量でも堅牢な構造を実現。


稼動部品はほとんど金属性で、ピアノ線やスプリングを使うことで回転翼を最後端に置くことに成功している。
このため全長をいっぱいに銃身として有効活用できている。

名称/型式:BOY 0419 セミ・フルオート8連発 全長:242mm  銃身長:242mm  装弾数:8発
適合装弾#16  素材:桐、アガチス、アルミアングル、真鍮板。
制作者:荒木 徹(鹿児島県)