×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LEM0701A-SF(2007年製)

MAC11(イングラム)を忠実に再現したLEM0701Aフルオートモデルに切替機構を追加したニューモデル。
外観もそっくりな切替レバーの操作で、セミオートとフルートが切り替えられる優れもの。
セミオート選択時には、リンクプレートが後方に移動し、ストッパーついているインターセプターを
押し上げる。これにより回転翼はインターセプターで止められ、1発のみ発射される。トリガーを戻
すとインターセプターが下がって回転翼を開放するが、ストッパーが上昇して回転翼を止める。


切替器を操作するとレバーの回転軸を中心に調整スプリングの接点が180度前方に移動し、リンク
プレートをインターセプターに干渉しない位置まで前進させる。


リンクプレートが前進しインターセプターが下がると回転翼を制御するのはストッパーのみとなり
トリガーを引くと回転翼が開放され、フルオートになる。


リンクプレートを外してみるとトリガーの構造がよくわかる。遅延機構は、前作と同様発射時に前
後に振動し、快い衝撃を射手に伝える。

スマートなフレームにセミ・フル切替機能を収納し、更に切替レバーの位置に無関係に装填が可能
と欲張った逸品。

名称:LEM0701A-SF(ハンドマシンガン:イングラムテイスト:セミ/フル切替仕様)
構成材質:(追加部品)
リンク・プレート=真鍮板、(切替レバー、レバー軸)=樫材、軸ガイド=黒檀+セット・ビス、
(インターセプター、調整スプリング、キック・バネ)=ステンレス・バネ棒、真鍮皿ネジ、
 真鍮ナット
制作・改造期間3日

一杉洋之(神奈川県)