×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LEM0701A(ハンドマシンガン:イングラムテイスト)2007年製

MR-3(iMac-11 : イングラム・セミスケールモデル)の軽量版とも言えそうなLEM0701。
その名の通りイングラムMAC-11のシルエットをモチーフにしている。


市販の材料に極力複雑な加工を施さない事をコンセプトに設計されている。


30mm□の4枚羽、本体内に収まるように錘を分離した遅延器を採用。遅延器はリンク・シャフトに
よって羽の回転が錘を前後運動させる。錘が前後に振られるため発射時は他のマシンガンと比較する
と大きな衝撃が感じらる。


発射の機構は、兄貴分のMR-3とは全くことなるが、外見は良く似ている。木目が活かされているほか、
トリガーガードが曲げ加工で作られているところが憎い。
熱中生活フェスタ2007会場で、展示即売される予定だったが、展示準備中に熱心な会員が購入。今回の
ここでの発表が、初の一般公開となった。

名称:M0701(ハンドマシンガン:イングラムテイスト)
全長:235mm 銃身長:180mm 全高:155mm 全幅:27mm
適合装弾:オーバンド#16限定 装弾数:12発

材質:
樫丸棒、けやき材、オーク材、アガスチ材、桧材、SUSバネ鋼、真鍮丸棒、
アルミ板、6角ボルト、ナット、ビス、木ネジ素材:アガチス、黒檀
仕上げ:オイル仕上げ(ワトコ/ナチュラル色)
制作者:一杉洋之(神奈川県)