×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PPS-5<Dog Tail>(2004年製)

マッチボックス、フライシュートなど静標的競技を意識したターゲットモデルPPS-5。写真=コッキング時
愛称のDog Tailは、リヤフック(ホールドフック)の形状が作者の飼い犬(シュナウザー)のしっぽに似ていることに由来する。


PPSシリーズの基本構造を踏襲しながら、これまでの平歯車を3ミリ厚の真鍮板に変えてある。写真=発射時
これにより命中精度に定評のあるピンフック方式の利点を取り込んでいる。


ホールドフックは自重で復帰し、トリガーを開放するとロックされる。メインフレームは10ミリの樫板で、これをを刳り貫いて
機関部と銃身を組み込んである。トリガーガードは桧の薄板をプランキング用の鏝で曲げ加工を施している。


シリーズ共通の薄型でシンプルなデザインだが、真鍮の銃身と硬質な樫材が重厚な印象を与える。

名 称 :PPS-5<Dog Tail>
全長:260mm  銃身長:250mm  全幅10mm  全高132mm
適合装弾:#16  装弾数:1発
素材:白樫材、桧薄板(トリガーガード)、真鍮板、真鍮バー、SUSバネ鋼
仕上げ:ウッド・オイル(ナチュラル色)
製造期間:3週間
制作者:一杉洋之(神奈川県)