×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第1回関東地区射撃大会 (掲載日2002年4月1日)

2002年3月30日、「第1回日本ゴム銃射撃協会関東地区射撃大会」が実施された。
エントリー数31人にはちょっと狭い会場であったが、それだけに熱気に溢れた大会となった。


会場の狛江市市民センター。天気予報は見事にはずれ、快晴の好天に恵まれた。形から入るのがモットー?。


開会宣言の後、ルール説明、諸注意を告げる理事長。ネクタイと襟章に注目。


国際ラバーバンドピストル競技連盟様より押し花電報の祝電が届いた。
『関東地区大会の開催おめでとうございます。
選手の皆様のご健闘と、大会の成功をお祈りしております。』
〜理事長 志賀克行様より〜  有難うございました。


貸し出し銃はあっという間に選手の手に。株式会社共和提供の豪華賞品を目にして寸暇を惜しんで練習する姿も・・・。


いよいよ本番。銃身からの的の距離が厳しくチェックされるので大人と子供は対等の条件。


当りそうで当らないマッチボックス。わが子に指導するお父さん達の目も真剣。


「これ、うまいなぁ」差し入れに競技者は舌鼓。
「まあ、うれしい」とはミセスマグナム


コインペンドラムとフライシュートは時間制限がある。お母さんも思わず声援。


いろいろと御尽力頂いた狛江市体育指導員の加藤枝美子さん(中央黒いベストの女性)。


「おいおい、審判を撃つなよ。」  お菓子を撃つお楽しみコーナーは大人気。


初めてで中々当らなかったけど、皆さんのアドバイスで当るようになってニッコリのお母さんも。


理事長のフライシュートを厳しく見つめるあさの氏。盟友も親兄妹もみなライバル。


最年少3才の彩美ちゃん。自分でゴムを掛け、椅子に乗って果敢に挑戦。この真剣な眼差しかっこいいでしょ!。マッチボックスを1つゲット。


ラストスパート。真剣な競技の影では早くも集計作業がすすめられていた(マイスター氏)。


夜行バスで駆け付けた関西代表あさの氏。見事総合優勝を獲得。このフォームを盗め!


いよいよ表彰式。フライシュートの部優勝、中村一郎氏(理事長の兄)。
マッチボックスとコインペンドラムの部で優勝、総合準優勝の中村元美さん(理事長の長女)。


フライシュートの部三位のマイスターこと松本孝史氏。
総合優勝、フライシュート、コインペンドラム準優勝、マッチボックス三位のあさのこと浅野純一氏。


まるで国際会議のようにポーズし、理事長と握手を交わすあさの氏の手には副賞のゴム銃が


賞状、株式会社共和からの賞品、副賞にはボーイ製作所のワリバシデリンジャーまで
参加者全員に株式会社共和の製品各種とAKIRAペーパーカンパニーよりハガキゴム銃が配られた。


審査員、左から中村光児(理事長)、小川 章氏(AKIRAさん)、浅野純一氏(あさのさん)、中村一郎氏


中村元美さん(小6)、松本孝史氏(マイスターさん)、雨堤正樹くん(小5)

賞品、参加賞をご提供を頂きました株式会社共和様、AKIRAペーパーカンパニー様、
ボーイ製作所様をはじめ、松崎勝巳さん(お写真の一部ご提供)、加藤枝美子さん
ミセスマグナムさん、ミセスハンターさんほか大勢の皆様の御支援、御協力で大成功を
おさめられました。略儀ながらこの場を通じまして心より御礼申し上げます。
また、不馴れなために十二分に御満足いただけない点もあったかと思います。お詫び
申し上げますと共に御意見を頂けますようお願い申し上げます。
平成14年4月1日 日本ゴム銃射撃協会 理事長 中村光児

多忙により、斑なく写真が撮影できませんで、十分に御紹介しきれておりません。
御容赦ください。


旧トピックス
(掲載日2002年2月24・27、3/3)第1回関西地区射撃大会ほか

(掲載日2002年1月30日)BS朝日の「バラの舞踏会」に理事長出演

(掲載日2002年1月16日)大阪支部2002年新年会

(掲載日2001年12月16日)大阪対決

(掲載日2001年10月7日)ジャパンパック2001