×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コールマン・サマーミーティング、ワリバシゴム銃教室 (掲載日2002年7月30日)

2002年7月26〜28日、朝霧高原オートキャンプ場において、アウトドア用品のメーカー、コールマンジャパン株式会社
のイベント「コールマン・サマーミーティング」が開催されました。
日本ゴム銃射撃協会ではイベントの盛上げのお手伝いと、ゴム銃普及の為に「ワリバシゴム銃教室」で参加致しました。


コールマンジャパン株式会社の代表取締役社長リチャード・ギルフォイル氏(写真右)と理事長(左)。
イベントに参加させて頂いたお礼に「協力企業認定証」とハンター工業製ST2002Secondを進呈。


キャンプ用品とゴム銃射撃専用コンテナを積み込んで、いざ富士山西麓へ。


ログキャビン前にコールマンのタープとテーブルで特設工場と射撃場を設営。


昼食のパンを一口かじったのを合図にお客様が殺到。制作指導も射撃場も大盛況。


射撃場ではコインペンドラムと空き缶に大量の輪ゴムの雨が降り注いだ。貸出し銃も好評。


テレビ取材、今回のイベントとも協力企業認定第1号のWAN55
の阿久根(あくね)氏がおぜん立てしてくれた。
協会とゴム銃普及に大活躍するとってもアクネッシブ?
ナイスガイ。


ゴムを引っぱりながら巻くのがコツだよ!。   真剣な表情で取り組む参加者。


理事長ジュニアはお隣のクラフト教室に参加。   ここはパパの腕の見せ所。


作業の半分以上はお手伝い。WAN55の境さんもはじめてなのに、もう先生で大忙し。


これは何スカ?。突然の訪問にも快くお応えくださったリチャード社長。


進呈した銃の説明をする理事長。   理事長の愛用銃を試射する社長。これスゲ〜!


御多忙のところお邪魔致しました。


これ、ぼくたちがつくったの。とってもお気に入り。


昼間の喧噪が嘘のよう。静かなサイトにコールマンのランタンが明るく輝く。
回収したチケットは25枚。推定70挺のワリバシゴム銃が各地へ・・・。

拙い教室に御参加頂きました皆様、貴重な機会を与えてくださったコールマンジャパン
はじめスタッフの皆様、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。


旧トピックス
(掲載日2002年7月17日)「狛江第三小学校校庭解放委員会ゴム銃教室」

(掲載日2002年7月14日)第2回関東地区射撃大会

(掲載日2002年4月24日)第2回関西地区射撃大会(リベンジ大会)

(掲載日2002年4月1日)第1回関東地区射撃大会

(掲載日2002年2月24・27、3/3)第1回関西地区射撃大会ほか

(掲載日2002年1月30日)BS朝日の「バラの舞踏会」に理事長出演

(掲載日2002年1月16日)大阪支部2002年新年会

(掲載日2001年12月16日)大阪対決

(掲載日2001年10月7日)ジャパンパック2001